中古ドメインの期限を設ける理由

中古ドメインでサイトを運営する場合、ある程度の期間を設けて様子を見たほうが得策といえるでしょう。なぜ期限を切ったほうがよいかというと過去のサイト運営状況や被リンクの状況によって、まったく上位表示しないリスクがあるためです。
中古ドメインはそのような不安定さがある一方で、過去の被リンク効果などから、新規ドメインよりも早く上位表示する可能性があります。メリットもあればデメリットもあるため、必ず良いものとは言い切れませんがドメイン選定に力を入れておけば、コストパフォーマンス的にも有用なものといえるでしょう。早く上位表示するためには新規ドメインだけでは限界があります。ドメインを運用するにあたってこれらのポイントは必須事項ともいえますので、できる限り要点を抑えておきたいものです。
中古ドメインの選び方としては、被リンク本数やドメインを確認する、ドメインエイジと過去のサイトがどのように運用されていたかを確認することが重要となっています。あとは価格とドメインの価値を比べて、どれほどの価格帯なら自分にあったサービスかを見極めることができれば、問題ないでしょう。
またリンクが多ければ価値が高いという単純なものではないのも注意が必要なポイントです。リンク本数が多いということはこちらがリンクを送る際に1本あたりの効果が薄くなるということ。少しでも高いパフォーマンスを発揮するのであれば、ドメイン本数が少ないけれども質が高いというドメインが理想的ともいえるかもしれません。
しかしそのようなドメインに出会うことは非常に稀です。基本的には良い点も悪い点もあわせての中古ドメインなので、それぞれのポイントを抑えてよりよいサービスを選ぶようにしてくださいね。

ページの先頭へ戻る