中古ドメインの一括購入とラベルチェック

中古ドメインは大量に販売されていることが多く、一括で買う方も少なくありません。その場合、ドメインごとの評価はあまり気にせず、後から使えるドメインだけを選んで使うことが多いようです。中古ドメインはそれぞれ価値が異なるのでラベルを付けて分けている方も多いです。ラベルは主に3種類ほどあると言われており、インデックスもバックリンクも十分なドメイン、どちらかが足りないドメイン、そして使えないドメインです。ラベルを決める要素は主に検索サイトとSNS、ディレクトリサービスの場合が多くなっています。検索サイトではインデックスが分かります。ドメイン検索によって示されるインデックスはキーワードとカテゴリが評価となります。特にこれからウェブサイトを作っていくならインデックスに合わせてコンテンツを作ることで中古ドメインの評価を受け継げる可能性が高まります。また、SNSについてはバックリンクが重要です。バックリンクは特に友人やフォロワー数が多い方が作った場合は高評価となり、また、拡散されているリンクも重要です。これらのリンクを調べるツールも多数登場しており、中古ドメインの評価がしやすくなってきています。ディレクトリサービスもバックリンクとして重要性が増しています。ソーシャルブックマーク系と機能が混ざってきている場合もありますが、どちらも検索サイトからの評価が大変高くなります。特にヤフーなどの審査が厳しいディレクトリサービスからのリンクは価値が高いと考えられてます。これらの要素はすべてパスが通っていることが重要です。パスが切れていたり、401を表示させるようなウェブサイトでは価値を引き継げないばかりか、インデックスが削除されてしまう可能性も高いので注意が必要です。

ページの先頭へ戻る