中古ドメインと301リダイレクトについて

中古ドメインを取得したら、そこで新規にコンテンツを追加していく方法もありますが、301リダイレクトを用いて既存のコンテンツなどを活用していく方法もあります。
301リダイレクトの使い方は大きく分けて二種類あります。まず、既存のサイトにあるコンテンツを、取得した中古ドメインに301リダイレクトさせる場合です。これは現在既に有用なコンテンツが公開されていて、そのURLから中古ドメインにリダイレクトしたい場合に実施します。たとえば、すでに人気のある既存コンテンツへのアクセスを引き継ぎたい時の選択肢となります。まずは中古ドメインを取得し、サーバーに既存コンテンツをアップロードします。このとき、ディレクトリ階層はそのまま維持します。そしてDNSの設定などを行って中古ドメインを有効にします。表示や動作の確認を行ったら、既存コンテンツ側に301リダイレクトの設定を行います。301リダイレクトの設定は、通常は.htaccessに記述することになります。301リダイレクトの動作確認を行い、既存コンテンツへのアクセスが中古ドメインにリダイレクトされたら設定は成功です。
次に、中古ドメインを取得して、別のサイトのコンテンツに301リダイレクトさせる場合の方法です。この場合は、まずは転送先の別サイトにコンテンツを用意します。コンテンツの表示や動作確認を行った後、中古ドメインのサーバーに.htaccessなどを使用して301リダイレクトの設定を行います。この方法の場合には、転送元のサーバーにはコンテンツは必要ありません。転送元サーバーにアクセスして301リダイレクトの動作確認を行い、リダイレクトが確認できたら設定は完了です。

ページの先頭へ戻る