中古ドメインと移管と複数ドメインについて

まず、ドメインとはwebを公開するときに必要で基本一年の契約で購入して使われるもので、有名なものだとgoogle.comや、yahoo.comなどがそうです。それらのものは新規で購入され契約を継続していて今でも現役ですが、契約が更新されなくなりwebも公開されなくなってしまったドメインを中古ドメインと言います。中古というと安く契約出来そうですが、ドメインの場合はちがって高価なものがおおいです。それは中古ドメインにしかないメリットがあり、それは新規契約のドメインではどうしても越えられない壁になるからです。そのメリットはSEOにとても強いということです。中古ドメインは昔に作られたのでエイジが古く検索のときに上位に出てくる条件の一つの「古ければ古いほど上に表示されやすい」というものです。それに、前に契約していた時代の被リンク先の情報ものこっており、それも「被リンク数が多いと検索で上位に表示されやすい」という条件を満たすことが多いからです。最近のGoogleのアルゴリズムは変わってきたようなので単にふるいだけではなく、違反のない正しいwebサイトである必要があります。
ドメイン移管とは、ドメインを登録、管理している業者をべつの管理してくれる業者に移すことを言います。現在利用しているサーバーをそのまま利用した状態でドメインの移管が出来ることが特徴です。しかし、どんなドメインでも移管出来るというわけではなくこれまでのサーバーにアクセスできなくなったり、DNSサーバーの設定を引き継げなくなってしまうというトラブルもあるので気をつけましょう。
ドメインを複数わけて運営することをマルチドメインといいます。マルチドメインはひとつのサーバーで複数のドメインを利用することで、ドメインの混在によるユーザーの混乱の回避と、検索エンジンの評価が低くなることへの対策が主な理由です。

ページの先頭へ戻る