中古ドメインで重要な検索キーワードとマッピング状況

中古ドメインを選ぶ際にドメイン履歴のみで判断する方が多いようです。しかし、前のウェブサイトの情報だけではドメインの価値を把握することはとても難しいです。ドメイン履歴ではウェブサイトの有無、大まかなカテゴリだけが分かります。しかも、残されるウェブサイトのキャッシュは定期的なものではないのでどのようなボリュームだったか、更新履歴などもわかりません。そこで注目されているのが検索サイトでのドメイン検索です。ドメイン検索をすることでウェブサイトが検索サイトにどのように評価されたかが分かります。検索サイトでの評価はインデックスとして表され、検索キーワードも合わせて分かります。インデックスから得られる情報は新規に作るウェブサイトのコンテンツの方向性に重要な影響を及ぼします。インデックスと違うウェブサイトを作っても評価を受け継げないからです。各ウェブサイトの情報はインデックスとしてまとめられ、インデックスは検索順位に大きく影響を及ぼします。さらに言えばインデックスが少ないウェブサイトは価値が無いともいえます。また、インデックスはマッピングも大事です。前ウェブサイトのどのコンテンツにつながっているか、その繋がりを活かすことができなければインデックスは消えてしまいます。マッピングについては多くがCMSで作られたパスですから、CMS側の設定で対応可能なことが多いのですが、絶対パスが利用されている場合は手動での作成が重要になってきます。パスの作成は手間がかかりますが、インデックスを出来る限り活かすことが大事です。また、バックリンクについても絶対パスで作成されている場合に拡散数で作るかどうかを決める方も多いです。

ページの先頭へ戻る